本文へスキップ

国際ロータリー第2500地区 第7分区

会長方針schedule




2016~2017年度 クラブ活動計画

会長基本方針


 今年度RIジョンF・ジャーム会長の掲げるテーマは「人類に奉仕するロータリー」であります。
ロータリー111年の歴史の中でロータリーを通じて友人と出会い、地域社会とつながり、人々と絆を育み今日に至っています。

 しかし、私たちが集う一番の理由は、ロータリーの精神でもある「奉仕」であるという事を今年度会長は謳っています。
 本年度、伝統ある釧路東ロータリークラブ会長を命ぜられ、私の方針がこのテーマに沿って本年度の活動計画を策定するなら、会員個々の職場の充実が最優先です。
 ロータリークラブという社会性の強い組織で活動できるのも、職場での地位や収入、職場での職員とコミュニケーション創りから学び、それをロータリー活動に活かしていると思っております。

 「人に(人類)に奉仕」する事でも、奉仕する側が勝ち組で、奉仕される側が負け組というのは間違いで、同じ目線で人間として接していく事が奉仕であると思っております。

 1つの組織や団体、企業、サークルを運営していくにあたり、経済学上3つの性が形成され、その三つの内一つでも欠けると組織として成り立たなくなり崩壊します。それは「社会性」「教育性」「収益性」からなりたっています。

 2016年度ロータリーは規定審議会で、未だない変更事項がありました。入会金の廃止、例会の回数の変更、準会員、家族会員、法人会員等が規定では誕生する事になります。

 クラブの伝統や特色を大切にし、新しいものも組織を大切に会員個々とのコミュニケーションを図りながら、三つの属性を守っていけば、自ずと会員増強にもつながり人に奉仕するロータリーの本年度のテーマにも繋がり、当クラブの特色や進むべき道が表れてくると確認しています。

 今年は、特にクラブの自主性が問われる大事な年になります。

 しかしながら、国際的な組織でもあり、地域性もあり、そうした巨大組織の中にも北海道の2500地区という組織の中で、第7分区の身近な地域で人間関係創りをしていかなければいけないという二重、三重の組織に協調性を持ちながら参加していかなくてはなりません。

 先人達が築いてくれた釧路東ロータリークラブを次の世代に引き継いでいくためにも、本年度は非常に重要な年になるので会員の皆様のご指導、ご協力をお願い申し上げます。

釧路東ロータリークラブ

〒085-0017
北海道釧路市幸町14丁目1番1号
ノースコートサンスイ2F

TEL 0154-23-6175